paris


どうも、筒井哲也です。長いこと更新作業を休んでしまい、本当に申し訳ありません。
実は僕は、先週フランスのパリへ行ってまいりました。
何故フランス?と思われるかと思いますが、実は僕の漫画作品はフランスで翻訳版が出ていまして、その出版元であるKi-oon社様よりご招待頂いたのです。
渡航費用滞在費全部タダ!!というわけで人生初の海外旅行です(笑)
paris

ちなみにこちらの写真、上段が日本国内版で下段がフランス語版リセットとマンホールです。 ※クリックで拡大します。
使っているイラストは同じなので分かり難いですが、微妙にレイアウトが違います。作者名も"Tetsuya TSUTSUI"です。
paris

中身はもちろん全編フランス語。溝口がフランス語で喋りまくってます。※クリックで拡大します。
今現在出版されている僕の作品の海外版は、全てKi-oonさんにお任せしています。 僕はフランス語はさっぱり分かりませんが、ほんの小さなフキダシからコマの中に描かれた新聞記事まで(!) 本当に丁寧な仕事ぶりが窺えます。
paris

こちらのお二人がKi-oon社の創業者アメッドさん(左)とセシールさん(右)です。 お二人とも日本の大学に留学経験があって日本語ペラペラです!特にアメッドさんはこっちが引くくらい日本語上手いです。 実は毎年の様に来日されて、コミケで創作漫画を探しているそうなので、もしかしたら日本の漫画サークルの方の中にもお会いしたことのある人もいるかも知れません。
お二人に声を掛けられたら海外に売り込む大チャンスかも知れませんよ!

2007.03.22 AM11:00
paris


というわけで朝早くからバスに揺られて成田空港へ。 そういえば僕は成田に来ることすら初めてでした。 祝・初成田。初チェックイン・初出国手続き・初搭乗手続き・初フライト。 僕の座席は飛行機の主翼が良く見える位置だったんですが、これがギッシギッシ揺れるんで恐ろしかったですね(笑)
paris

そして12時間後にはシャルル・ド・ゴール空港ですよ。 建物の外から写真を撮る機会がなかったのでこんなですが、もうフランスです。ボンジュールフランス!
空港まで出迎えに来て下さったアメッドさんとセシールさんに無事合流し、タクシーでパリ市内のホテルへ!

2007.03.22 PM04:00

時差の関係で、正午から12時間のフライトの後でもフランスではまだ午後4時だったりして、なんだか時空を超えたような感覚に襲われつつ宿泊先の ホテル・ロワイヤル・サントノレ に到着しました。
paris

僕はフランスに着くまでどんなホテルに泊まるのか知らなかったんですが、パリのど真ん中、ルーブル美術館とコンコルド広場に歩いて5分、 ティルリー公園目の前の超好立地な四つ星ホテルでした! 写真じゃ普通の古風な建物に見えますが、えらく豪華です。さすが四つ星です。どう見ても分不相応な場違い感に縮こまりながらチェックイン。 あ、もちろん僕は一言も話すことなくアメッドさんとセシールさんに全部お任せで(笑)
paris paris paris

部屋の中はこんな感じです。一人で泊まるにはもったいないくらいの豪華さでした。こんなホテルは自前じゃ絶対泊まりません。 カメラの画角が狭いのでいまいち分かり難いですが、トイレと風呂場も無駄に広い上に豪華です。
paris


ルームサービスのコーヒーを頼んだだけでこれですよ。なんかもうゴージャス感が違いますね。
paris


そういえばテレビをつけたらミリオネアやってました。フランスのみのもんたはタメが短い(笑) 日本でやってるのと形式はほとんど同じで、聞き慣れたBGMが妙に懐かしかったです。

今日のところは長旅の疲れもあってホテルに着いて食事をしたら即就寝です。
ホテルの布団はふかふか過ぎるので、小1時間寝付けなかったような気がします。ふかふかにも程があるだろうというくらいのふかふか加減でした。
続きはまた明日!

続きを読む>>


HOME NEWS COMIC ILLUST NOTICE LINK BBS MAIL